ファレル・ウィリアムスの名曲『ハッピー(Happy)』~ポジティブ・インスピレーション~

   


皆さん、こんにちは!

その映像を観るだけで、幸せな気分になれる。 その音楽を聴くだけで、心地よさが得られる。そして、「人生とは、なんて素敵で楽しんだ!」と思わせてくれる。

そのような「アート」は、世の中には、数多く存在すると思われます。
ファレル・ウィリアムスさんの曲『ハッピー(Happy)』は、まさに、それに当たります。

 

ファレル・ウィリアムスさんは、アメリカ合衆国バージニア州出身の男性音楽プロデューサーであり、歌手であり、MCです。1990年代末から現在に至るまで、数々のヒット曲を生み出しており、グラミー賞に20回以上のノミネート、うち7回受賞を果たしている通り、その活動は、世界的にも絶大に支持されています。

 

2013年リリースの曲『ハッピー(Happy)』は、10週連続全米第一位など、数か国で一位を記録。PVに関しては、You Tubeでの再生回数は、現在までに8億回を記録。ファレル・ウィリアムスさんの代名詞的な曲となっています。

このPVは、曲に合わせて、ロサンゼルス近郊の様々な人たちが踊る様を次々と映し出す構成になっています。

 

この映像構成は、本当に秀逸で素晴らしいものがあります。
男性・女性、大人から子供たち、白人や黒人など、あらゆる人種の方々が、溢れんばかりの笑顔で踊りゆく姿は、まるでミネラルウォーターを飲むように、心地よい感覚に誘ってくれます。

こうした映像表現と歌は、(ファレル・ウィリアムスさんによる)非常に純度の高い(ポジティブな)直感・インスピレーションによって創造されたと私は確信します。

 

「こうしたものを創ってみたい!」というシンプルな欲求に素直に従った結果だと思われます。いわゆる商業的な成功を収めるという嫌らしい心持ちは、皆無に等しいでしょう。

なぜなら、題名そのものが、誤魔化しの効かないテーマそのものだからです。

 

「幸福(ハッピー)」をテーマにしたアート作品は、人がむやみに操作し手を加えて生み出されるものでは無いでしょう。

人が持ちうる聖なる感覚、すなわち『直感』によって、純度100パーセントで創造された場合、まるで世界共通言語のように、万人に受け入れられて愛される作品になるのは必然です。

ファレル・ウィリアムスさんの本質的な愛が、この曲と映像表現を生み出したことは、一目瞭然であり、幸福をテーマにした音楽作品で、もっとも成功した例であると私は思います。

 

このような曲が、世界的にヒットした意義は、とても大きいでしょう。動画全盛の時代。この名曲に触れる機会を世界中の人々が共有できる土壌は、どんどん広がっています。

映画、音楽、絵画、小説など、すべての芸術は、エンターテイメント性が含まれなければならないというのが、私の自論です。
「観るだけで、聴くだけで、人を幸せに出来る」という、この名曲の芸当は、まさにミラクルであり、エンターテイメントの最高峰と言えるのではないでしょうか?

 

このような作品が、今後も、どんどん創造されていくことを期待します。
どんな方法でも良いでしょう。今や動画で、瞬時に世界的に配信できる時代です。この便利さを生かす手はありません。

 

この曲を聴けば、幸せになれる。

この映像を観れば、幸せになれる。

この本を読めば、幸せになれる。

 

そして、、、。

「この人に会うだけで、幸せになれる!」

 

私たちも常日頃から、エンターテイナーで在り続けようではありませんか!
ファレル・ウィリアムスさんの『ハッピー(Happy』を全面的に支持するとともに、私自身も、人を幸せにする担い手になれるように努力していきたいと思います!

 

では、皆さん、今日も幸福なる人生のステージをお過ごしください!

 

002

 - アート(表現に関する全般)