幸せは、自分では気づかない!~あるサラリーマンの一例~

      2016/07/04


皆さん、こんにちは!

今日の記事は、『人生』のカテゴリーの話題です。

 

人は皆、

「幸せになりたい。」 「幸せな暮らしがしたい。」 「幸せを掴みたい」などなど、

『幸せ』に焦点を当てて過ごしているかと思います。

 

私自身も、そうです。いつかは、お金持ちになって裕福に暮らしたいだとか、そのために頑張るだとか、そんなことを思い描いて生きてきました。

今現在も、幸せを思い浮かべながら生きています。(笑)

 

先日、ある友人から話がありました。
その話が、なかなか面白かったので、ここに紹介します。

 

(※匿名ですが、解りやすくするためイニシャルで記載します。)

僕の友人Aさんには、大学時代からの親しい知り合いがいます。

Kさん(男性)です。(Aさんとは違う企業で働いています。)
このKさんは、Aさんに対して会社の上司の愚痴や不平不満をいつもメールしてくるらしいです。

 

その頻度が半端ではないらしいです。

上司に何を言われて、何をされたかなど具体的例を細かく文章にして携帯電話のメールに送られてくるそうです。

 

Aさんは、とても良い人なんです。
学生時代から親しい間柄なので、Aさんなりの助言を毎回返信しているとのこと。

なかなか、できることではありません(笑)

 

しかし、Aさんは途中で(ある傾向に)気づいたそうです。

『Kさんのメールで、仕事そのものの悩み相談が無い。』

送られてくるメールは、会社の上司のことばかり。

 

Kさんに電話で質問したところ、仕事では顧客との関係も良好で順調らしいです。

 

Aさんにとっては、そんなKさんが羨ましいと語っていました。

「どうやって営業成績を上げようか」、「顧客にどのように製品を売り込もうか」という悩みが、Aさんには多いそうです。(「職場の人間関係の悩みなど、二の次だ!」とも語ってました。)

 

 

そして、ここからが重要です!

 

Aさんが、たまにKさんに電話したとき、

「いま大手銀行の社長と飲んでいる最中です。」

「知り合いのツテで偶然安い旅行チケットが手に入り(旅行先で)いま楽しんでいる」

 

などなど、電話の向こうでは、Kさんは(一般的には)なかなか会えない人と親交を深めていたり、プライベートで幸運に恵まれていたりしている場面が多いらしいです。

それなのに、Kさんのメールでは、決まって会社の上司の愚痴。(まるで、自分が悲劇の主人公のようなメール内容・・・。)

 

 

私は、Kさんのエピソードを聞いて、思うことがありました。

『自分がいかに幸福で恵まれているかは、本人はなかなか気づかない』

ということです。

 

多くの人は、目先の悩みや問題に囚われていて、気持ちが一杯一杯になりがちです。

つまり悩みそのものに焦点を当ててしまっています。

 

他者が外から見れば、

「この人は(経済的にも、人生的にも)恵まれているのになぁ・・・。」

 

このように、本人の心境とは反対のイメージを持たれることって、世の中、多いと思います。

 

●『自分がもたらした演技表現は、(本人が持ったイメージとは全く違うかたちで)他者には映っていた。』

『本人は良かれと思っていた演技が、観客には良く思われていなかった』という事実に気づかされて、演技技術の追求がロシアで初めて起きました。(=スタニスラフスキーテクニックの構築)

それだけ、自己イメージと外から見た自分の見られ方とのギャップって、結構シビアなのではないでしょうか。

 

~幸せは、自分では気づかない~

他者から、「あなたは幸せそうだ!」と言われたとき、きっとその通りだと思います。

ですから、大抵の人は皆、結構幸せなのかも知れませんね!

 

では、皆さん、今日も幸福なる人生のステージをお過ごしください!

 

 

 

 

 

 

 

 - 人生・生活