トニー・マサキ ライフブログ~メソード・ハピネス~

❝芸術とスピリチュアル、そして人生と幸福に関しての話を提供するブログ❞

感動が旅立ちをスタートさせた~ある音楽バンドの解散ライブから~

      2016/07/04


皆さん、こんにちは!

6月24日(金)私の知人でドラマーの方のバンドが、この日のライブをもって解散ということで行ってきました。

場所は、下北沢のライブハウス。

 

ライブハウスに向かう道のりで、ある音楽関係の知人の方から、電話で、このような話を聞きました。

「解散ライブの時こそ、彼らの音楽の本音が出る。」

 

その『本音』を観るべく、私はライブハウスに入りました。

22時ちょうど。いよいよ彼らがステージに登場。

 

観客に、感謝の気持ちを述べて、曲がスタートしました。

彼らの歌から、彼らの音から、『すがすがしさ』を感じました。気負うことなく、ありのまま。
解散ライブなので、しんみりした感じにもなるかとも思われますが、そうした印象は一切受けませんでした。

 

むしろ、リラックスの度合いが深かったです。

日本的な表現を使えば、『』とした感じ。
ハードな曲調の中にも穏かな心持ちをさせてくれるようで、私も見入ってしまいました。

 

まさに、これこそ彼らの『本音』の表現なのでしょう。

「なにかを成し遂げたい」、「なにかを目指したい」というところからフリーになって、自分たちのやりたい音楽を今日この日に演奏する素直な気持ち。それが演奏に投影されていたのかも知れません。

 

ジャンルを問わず、どんな表現活動にも、これは大切なことだと思います。
とかく、結果や先々の利益を求めて、過度に力みが入り、普段の実力を出せなかったします。

『適度の緊張感と、リラックスのバランス』があってこそ、100パーセント以上の表現が成立する事。

ステージに上がる前、そこにどのようにモチベーションを調整するか、そこが鍵となります。

 

彼らにとって、その調整が上手く行ったのでしょう。

 

先ほどの音楽関係の知人の方は、このようにも言っていました。

「特に解散時にはエゴが出やすいですね。それが良ければ惜しまれるし、悪ければ(解散も)なるほどなと思われてしまいますね。」

 

彼らのライブでは、『エゴ』は、もちろん前者でした。

ここで言う『エゴ』とは、アーティスト特有の『我の強さ』という意味です。

 

彼らの『(肯定的な)我の強さ』がライブ全体を包み、お客さんからの惜しみない拍手を生んだと思います。客席では、涙するお客さんも居ました。(彼らがもたらした感動です!)

 

私にとっても、集まった観客にとっても、素晴らしいライブでした。

 

2016年6月24日、この日にて解散。

そのバンドの名は、『h e l l o s(ハローズ)』

しかし、彼らの人生が終わるわけではありません。

 

だからこそ、ここからがスタート!

その名前の通り、
「素晴らしいライブをありがとう、そして、こんにちは!」

 

では、皆さん、今日も素晴らしい人生のステージをお過ごしください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - アート(表現に関する全般)