映画『マネーモンスター』~ジョージ・クルーニー&ジュリア・ロバーツと、ジョディ・フォスターの絶大な存在感~

   


皆さん、こんにちは!

本日は、2016年に公開された映画『マネーモンスター』についての、映画評論を述べていきたいと思います。

アカデミー賞受賞者である、ジョージ・クルーニーさんジュリア・ロバーツさんのお二人の共演に加えて、ジョディ・フォスターさんが、監督を務めた作品です。

これだけで、話題性と注目度は抜群でしょう。

 

【あらすじ】
人気番組『マネーモンスター』で司会を務める(ジョージ・クルーニーさんが演じる)リー・ゲイツ。ある日、番組内でアイビスという会社の株を使った資産運用の方法を紹介した。しかし、数日後、アイビス社の株は暴落・・・。番組では、アイビス社のCEOにインタビューする企画が立てられていた。

しかし、放送直前、CEOが飛行機トラブルで出演できなくなる。
生放送がスタート。(ジュリア・ロバーツさんが演じる)パティの指示も聞かずに、アドリブ全開で番組を進行するリー。

そこに、謎の男が番組内に現れて発砲。このカイルという男は、アイビスに投資したが、暴落により全財産を失う。株の情報操作が意図的に行われたと主張。リーに真実を明らかにするように要求。次第に、不穏な情報操作が明るみになりはじめて、真相が暴かれはじめる・・・。

 

あらすじにもある通り、この映画では、人気番組内で、男が侵入し、司会者を人質に取り、生放送が続けられる中、株にまつわる操作の真相を暴いていくというドキュメンタリータッチの内容になっています。

 

「カイルという侵入者に、リーが殺されるかという瀬戸際に立ちながら、(音声マイクを通じて)司会のリーと、プロデューサーのパティが、コンタクトを取って、刻々と変化する状況に対応していく様を、見事に映像として表現されている」というのが私の感想です。

 

ジョージ・クルーニーさんも、ジュリア・ロバーツさんも、場面・場面での役割を『的確』に演じておられるのが画面を通して、ありありと見えます。カット・カットの映像手法における、リアリティを掴みながらの演技は、見事です。

こうした演技を実現できるのは、監督の ジョディ・フォスターさんの存在の大きさであることは間違いありません。なぜならジョディ・フォスターさんは、監督であり、名女優であるからです。

特に、公開当初から旋風を巻き起こした映画『羊たちの沈黙での、ジョディ・フォスターさんの(アカデミー賞主演女優賞受賞の)演技の質感は、非常にハイレベルであることは世界中で認められています。

役の刻々と移り変わる心理を、表情、目、身体で、繊細に表情されている様は、ジョディ・フォスターさんの真骨頂とも言えるでしょう。

 

そのジョディ・フォスターさんが監督をされているという点で、ジョージ・クルーニーさんとジュリア・ロバーツさんにとって、「心強い味方が存在する」という安心感がもたらされたのではないでしょうか。

俳優や演技が未経験の監督や演出家には、俳優の立場に立っての的確な指導は、なかなか難しいかと思われます。「この役の、この場面の感情や心理をどうすれば上手く表すことが出来るか?」という俳優からの質問に、俳優としての経験から答えることが出来ないため、アドバイスにも限界があるでしょう。

 

その点、ジョディ・フォスターさんなら、仮に同様の質問をされた場合、明確な答えを提供してくれるものと思われます。

 

そうした監督への信頼感が、この映画の随所に見えてきます。「この映画そのものの主題(テーマ)は、何か?」と言えば、その点は少し不明瞭であるように私は思います。
しかし、二人の名優によって生み出された緊張感は、この映画を鑑賞する価値を高めているのは、確かです。

 

その礎となっているのは、ジョディ・フォスター監督の存在感そのものです。
この観点から、映画『マネーモンスター』を観賞することをオススメします。

俳優と監督の間での信頼関係が構築されている中での映画創作の意義を感じさせてくれる作品です!

 

では、皆さん、本日も素晴らしい人生のステージを快適にお過ごしください!

001

 - 映画