METHOD NETWORK【メソード ネットワーク】

人生を豊かにする方法論(メソード)や人々の役に立つ知識を軸に、トニー・マサキが皆さんに御届けする総合情報サイト!

イチロー選手が、頭部死球を与えた投手に投げかけた言葉。それは、至高の優しさ!

   


皆さん、こんにちは!!

ファンにとっては、衝撃の情報が入りました。

シアトル・マリナーズに再加入したイチロー選手が、練習試合において、頭部死球を受けて退場になったとのこと。

頭部だけに、非常に気になるところです。

 

投手は、横浜DeNAベイスターズにも所属していたブランドン・マン投手

当然のことですが、本人も、相当動揺したようです。

やはり、相手は、レジェンドな選手である『イチロー』ですから。平然とはいられないのは必然です。

 

ところが、動揺するマン投手に、

イチロー選手は、このような言葉を投げかけたそうです。

 

「これで君の投球に影響を与えたくない。内角に投げ続けてほしい。」

 

何という言葉でしょうか!!

まさに、『プロ野球人』としての言葉であると、私は思います。

 

真剣勝負が故、常に危険は付き物。だからこそ、味方チーム、敵チーム関係なく、憎しみや恨みが入ることなく、互いが互いを尊重していくことが大切である。

そのようなイチロー選手の、野球人としての精神を感じさせる言葉であると私は思います。

 

この言葉で、ブランドン・マン投手が、どれほど救われたでしょうか!!

 

下手をすれば、もう精神的な面において、投げれなくなる恐れさえあります。そうなると、選手生命が終わりになります。

 

このイチロー選手が送った言葉によって、マン投手は、これからも野球を続けていくことでしょう。この言葉が、マン投手のキャリアをアップさせるキッカケになるかも知れません。

 

そして、救われたのはマン投手だけではないと思います。

 

ファンも救われたのではないでしょうか?

このような言葉を投げかけることが出来るということは、「イチロー選手は無事なんだ!」と我々に納得させ、安心させてくれたように思います。

 

相手の投球を決して糾弾せず、むしろ、相手投手の気持ちを気遣うイチロー選手。

それは、人間が持つ、至高の優しさではないでしょうか?

 

私たちは、いつもイチロー選手から、『人間の在り方』を学ばさせられます。

 - スポーツ