METHOD Network 【メソード ネットワーク】

人生を豊かにする方法論(メソード)や人々の役に立つ知識を軸に、トニー・マサキが皆さんに御届けする総合情報サイト!

スティーブン・ソダバーグ監督『ローガン・ラッキー』〜脱走&強盗劇の見事な融合〜

      2017/11/22


皆さん、こんにちは!!

本日は、先週、日本でも劇場公開されたスティーブン・ソダバーグ監督の新作映画『ローガン・ラッキー』のご紹介です!

(ネタバレ無しなので、ご安心を!)

 

ソダバーグ監督といえば、『トラフィック』『エリン・ブロコビッチ』『オーシャンズ11』などを手がけて、世界的に評価された人物です。

実は、監督業を引退されていたのですが、この映画にて復帰を果たしました。

 

なにやら、『ローガン・ラッキー』の脚本に惚れ込み、自らがメガホンを取ることを決意したようです!

まさしく意欲作

 

で、出来栄えは、どうか?

というと、

私見では「見事‼︎」としか言いようがありません。

演出、脚本、演技、カメラワーク、キャスティング、エンターテイメント性が噛み合った場合の【秀逸さの見本】とも言えるでしょう。

 

この映画は、脱走劇と強盗劇がミックスされてのストーリー展開です。

この両者は、観客をドキドキさせる要素が詰まっています。

 

脱走劇の映画といえば、古くはスティーブン・マックイーン主演『大脱走』や感動作『ショーシャンクの空に』などなど。

強盗劇の映画といえば、マイケル・マン監督『ヒート』、そしてソダバーグ監督の『オーシャン11』などなど。

 

いつの時代も、観客の注目をひく題材です。

その両者が合わさった本作。さらに目をひくのは人情味とユーモアに溢れた物語であることです。

 

ローガン兄弟が抱える人生の悩みを重々しくなく、ヒューマニティー溢れて,描いている点は高く評価されると思われます。

脱走劇や強盗劇は、暴力描写が付き物ですが、『ローガン・ラッキー』には、そのような過度なバイオレンスシーンがありません。

 

あくまで、ローガン兄弟の人間模様が《主軸》です。

 

〜愛すべきローガンたちの人生模様〜

それ故に、エンターテイメント性が増していると思いました。

つまり、脱走劇と強盗劇の魅力を融合させて、そこに【人情ドラマ】をミックスさせたところに、この映画の良質さを感じさせられます。

 

個人的には、今年鑑賞した映画の中では、『ブレードランナー2049』とならび、『ローガン・ラッキー』はオススメの作品となりました。

ぜひ、ご鑑賞下さい。

 

スティーブン・ソダバーグ監督の力量を痛感する作品となっております!

 - 映画