トニー・マサキ ライフブログ~メソード・ハピネス~

❝芸術とスピリチュアル、そして人生と幸福に関しての話を提供するブログ❞

考える人間から、考えない人間へ ~幸福 ニュー・スタイル~

   


皆さん、こんにちは!!
今日は『思考』について、言及してみたいと思います。

2017年4月11日、当ブログにおきまして、このような記事をアップしました。

思考が消え去る瞬間 ~それは、人々にとっての至上なる喜び~

 

この記事は、私の直感が、効果的に働いて書いたことを記憶しています。

書くことに義務感が少なく、スラスラと文章化されたように思われます。

 

思考がマイナスに作用しすぎると、『未来への不安』や『過去の後悔』によって、悩みを生み出すこと。

しかし、思考そのものは、実は『今この瞬間』(現前の力)には、まったくの無力であること。

 

エックハルト・トール氏の教えや、太極拳での私の実体験を例に、思考からフリーになることの大切さを、記事としてアップしました。

 

「人間は、考える生き物」
たしかに、その通りです。他の動物よりも脳が発達し、考える能力を養い、科学を発展させて、文明を創り上げました。

 

と同時に、

「人間は、考えない生き物」
とも言えると、私は思います。

 

気分展開を図るために、さまざまな手段を試みたいもします。

バカンス、飲酒・喫煙、娯楽施設への参加、スマホでのゲーム三昧などなど。

 

思考によって次々に起きる「人生の悩み」から抜け出したい思いで、心身のフリーさを求め続ける様。
これは、「あれこれ煩わしいことを考えたくない」という気持ちの表れであると思います。

ということは、『何も考えない状態』が、人にとっての本当の幸せなのかも知れません。

 

家庭内においても、また学校教育においても、『考える力』を重んじられる指導方針が、これまで定着してきました。
学歴社会であればあるほど、『考える力が乏しいこと=落第者』というレッテルに拍車がかかるでしょう。

 

ところが、『考えないこと=人間の本当の幸せ』が真実ならば、人々の暮らしは、どうなるでしょうか?

これまでの価値観が、瞬く間に、覆されてしまいます。
しかし、多種多用な自己啓発やスピリチュアル本が、現在、刊行されている中で、たくさんの人々は、以前にも増して目覚め始めていると私は思います。

 

(私の、これまでの体験ですが)何も考えていないときのほうが、ふとしたときに予期せぬ幸運が訪れてきたりします。

反対に、「なんとしても、私は、こうありたい!」と強く願うほど、逆に望みが遠のいたりも、、、。

 

そして、何も考えていないとき思いもよらなかった発想が浮かんできたりも!

 

意外と、考えすぎても、考えた割には、生活が、いまいち好転しないなんてことは、よくあるのかも知れません。

 

~考えない状態=思考からフリーな状態~
それは、決して人の幸せを遠のかせる在り方ではないと思います。

忘れたときに、思わぬ幸運が訪れる。」
「頭の中が静寂なときに、未知なる発想力が湧き水のように溢れ出てくる。」

 

思考と自分との関係性を見つめ直すときは、もう到来しているのかも?

 

~考える人間から、考えない人間へ~
幸福の、新しい引き寄せ方であると、思います。

 

いや、「そんなこと、もう解っているよ!既に実践しているよ!」と自負する人も、きっと増えていることでしょう。

 

考えないことって、実は楽しいことのような気がします。

 

「考えない=人間の至上の喜び」
これが真実なのかも知れません。

 

この記事を読まれている皆さん、いかがでしょうか?

 

では、本当も創造溢れた人生のステージをお過ごしください!

 

 - スピリチュアル