新日本プロレス・棚橋弘至さんが推奨する、一般の方にとって最適な『基本運動』とは?

      2017/03/18


皆さん、こんにちは!!
昨年7月1日、当ブログにて、以下の内容の記事を掲載しました。

企業家も芸術家も、全ての人たちは身体を鍛えるべき!(強く推奨)

 

この記事にもあるように、作家・村上春樹さん日頃のトレーニングが欠かせないとのことです。
身体トレーニングによって、小説における新たな発想を生み出す絶大な効果を得るということです。

外で身体を動かすことにより、脳、あるいは全身の細胞が刺激を受けて「何か新しいもの」を生み出す可能性に繋がるものと思われます。

 

たとえば、動かしにくい部位が動くようになれば、どのような利益がもたらされるでしょうか?

 

私自身、おそらく子供の頃からだと思いますが、慢性的に股関節が硬い傾向にありました。

そこで、部屋で本を読んでいるときでも、開脚の姿勢を保ったりする工夫をスタートしました。
すると、どうでしょう。毎日少しでもやり続けると、生活そのものが、とてもになりました。

硬かった部位が緩み、身体全体の動きにも、(微妙なまでに)幅が生まれた感覚がありました。

 

このような経験をもとにすれば、どのような職業に就く人でも、運動は、とても有効だと私は再認識します。
大切なのは、やることに負担がない運動であれば、何でも良いということです。

 

現在、新日本プロレスのトップレスラーである棚橋弘至さんが、ダイエットに関する番組に出演されたことがあります。

その番組で、「どのような運動が、ダイエットに最適ですか?」と質問されました。
棚橋弘至さんは、「まずは、ウォーキングが基本でしょう!」と即答されました。

プロレスラーの中でもハイレベルな筋肉を誇る棚橋弘至さんが、このように解答するのは、わたしにとっとは、意外でした。

しかし、その理由を聞いて納得しました。

 

ウォーキングは、器具も必要とせず、気持ちも構えずに、いつでも気軽に出来る運動であるから、とのことです。

気持ちに負担なく、『続けられる運動』としては最適なトレーニング。まずは、運動を始めることが大前提なため、ウォーキングはスタートとして最良である、という棚橋弘至さんの意見でした。

 

皆さん、いかがでしょう?

納得の意見だと思いませんか?

 

たとえダイエットが目的でなくても、ウォーキングでも何でも、スタートが出来るトレーニング』を選ぶべきであると私は考えます。

 

気楽に運動を開始することにより、その人の才能が開くでしょう。
運動は才能を開く第一歩であること。

改めて強く推奨します!

 

では、皆さん、本日も快適な人生のステージをお過ごしください!!

 - ビジネス・一般