トニー・マサキ ライフブログ~メソード・ハピネス~

❝芸術とスピリチュアル、そして人生と幸福に関しての話を提供するブログ❞

NHK紅白歌合戦での、ザ・イエローモンキーによる『JAM』の重み

      2017/04/29


皆さん、こんにちは!

2016年12月31日の大晦日、多くのファンが再結成を願い、その願いを叶えてくれた日本のビッグロックバンド『THE YELLOW MONKEY(ザ・イエローモンキー)』NHK紅白歌合戦に初めて出場しました。

(あくまで私の印象ですが)バンドの系統として、『THE YELLOW MONKEY』は紅白歌合戦には出場しないイメージがあったのですが、今回は出場を承諾!

これは、再結成に歓喜し、応援してくれているファンの皆さんへの、『THE YELLOW MONKEY』のメンバーの方々からの感謝の気持ちの表明ではないでしょうか?

もし、そうならば、いかにも『THE YELLOW MONKEY』のメンバーの皆さんの行為であると思われます。
骨太のロックバンドでありながら、ファンとの距離感が遠くなく親近感が漂う『庶民的イメージ』を持たしてくれます。そのイメージは再結成後も変わりません。

 

ファンに対して距離感が近く、その音楽性によっても、ロックを身近なものにしてくれているバンド』。
それが、『THE YELLOW MONKEY』です。

 

今回、紅白歌合戦にて選んだ曲が、『JAM』でした。数ある名曲の中でも、この曲を選んだのは、大きな意義があります。

この曲は、『THE YELLOW MONKEY』の曲の中でも、曰く付きの曲です。

 


 

ウィキペディアには、このように記載されています⤵

●ヴォーカルの吉井和哉はシングル候補として「JAM」を事務所に提案したものの、宣伝会議では我々宣伝がここまで培ってきたものをぶち壊す気ですか」「この曲じゃあテレビに出られません」「バラードで勝負なんて早いですよ」と、発売は強く反対された。

この理由として、スマッシュヒットとなった8thシングル太陽が燃えている』がキャッチーでポップかつハードロックな楽曲であったため、コロムビアの宣伝・営業、そしてマスコミが同様の曲を望んでいたためであるという。

1996年1月11日に「TOUR'96 "FOR SEASON" at 日本武道館」で初披露されたものの、吉井は演奏前のMCで発売が未定であることを説明していた。しかし、当時のプロモーション担当であった中原繁がこの曲を気に入り、これは代表曲になるよ。会社の上の人間がなんて言おうが、オレが絶対売ってやるよ」と、吉井に語り、事務所に強く推したことで2月29日に発売が決定した。

 

●ファンからの人気も高く、解散後の2004年に行われたORICON STYLEの人気投票と、2012年にナタリー×レコチョクで行われた人気投票でともに第1位となった。2013年に行われた『イエモン-FAN'S BEST SELECTION-』のファン投票では、19thシングル『バラ色の日々』に次いで2位となっている。

後に吉井は「最近取材なんかで、俺たちに影響を受けたっていう若くて有名なミュージシャン達と話すと、みんな「JAMは最高ですよ』って言ってくれる」と語っている。

 


 

このように、発売当初は、事務所から大反対を受けた曲ですが、発売すると今だに多くのミュージシャンに影響を与えて、多くのファンを魅了し続けている代表曲であり名曲であります。

一部の人間の偏見を打ち破った曲としての典型例でしょう。

 

私は、当日、生中継映し出される、メンバーの方々の演奏風景を、テレビで観ました。

非常に、感銘を受けるバンドの皆さんの歌う姿でした。 ごく淡々と歌い上げておられるように見えました。曰く付きの曲ですが、そこに、当時に浮上した偏見に対する『アンチテーゼ』的な色合いはありません。

「この曲を、いままで聴いたことのない人たちにも知ってほしい。」という願いが込められているような吉井和哉さんの歌声。そして、バックで演奏する3人のメンバーの方々の、ひたむきな姿。

 

まさに、円熟味溢れた演奏風景であったと思われます。当時、発売を反対された曲だからこそ、これから永遠に残り続けるであろう名曲『JAM』

このNHK紅白歌合戦での演奏により、これまで以上に、曲の格調が高まったのではないでしょうか?

 

いわば、プレミアな曲へと、さらに変貌を遂げたようにも思われます。
曰く付きの曲を、誇張もなく、自然体で歌い上げた『THE YELLOW MONKEY』の皆さん。

名曲『JAM』を広く浸透させる術を熟知した見事な演奏であると私は思いました。これからも、私は一人のファンとして応援し続けたいと思います。

 

では、皆さん、本日も、素晴らしい人生のステージをお過ごしください!!

 

 

 

【関連記事】

ザ・イエローモンキーの復活!~時代が彼らを求めていた~

情熱大陸『ザ・イエローモンキー 特集』~再結成における理想的な関係~

 

 

003

 

 

 - 音楽