トニー・マサキ ライフブログ~メソード・ハピネス~

❝芸術とスピリチュアル、そして人生と幸福に関しての話を提供するブログ❞

『思考と悩み』から自由になれた最良の体験 ~富士の風に吹かれて~

   


皆さん、こんにちは!!

今日のブログ記事は、私の体験をもとにしております。宜しくお願い致します。

 

過去への後悔、未来への不安。この両者は、頭の中に浮上する『思考』によって、『今この瞬間に生きていないから起きる心理現象であると思われます。

この二つの悩める思考からフリーになるために、現代に生きる多くの賢者やメンターたちは、瞑想などのツールを、動画配信や、書籍、多種多様なメディアを通じて紹介し続けています。

 

裏を返せば、思考がもたらした人の悩みは、どの時代でも絶えることがない、ということでしょう。
絶えず沸き起こる、厄介な思考(悩み)・・・。

 

では、どうすれば、その厄介な思考をストップできるか。

どうすれば、厄介な思考からフリーになれるのか。

 

ここから、私が体験したことを記載していきます。

ちょうど今から6年前、私はニューヨーク・アクターズ・スタジオ正会員 ゼン・ヒラノ先生創設のアクティングコミュニティ』に在籍していました。

 

山梨県河口湖にある、ゼン先生の自宅兼スタジオ。そこには広い庭があり、自然に囲まれながら、大工作業などをしたりすることで、身体全身に流れる五感を鍛えるレッスンもありました。

俳優としての表現力を増すのにも、最良の時間でした。

 

ある日。

ゼン先生から、「いつも、(マサキは)先を急ぐ心理が強く、落ち着きがない。」と問題点を指摘されました。

 

そして、以下の提案を私は受けました。

「今から、ここに置かれた材木を、電動ノコギリで、正確に、同じスピードで、同じ長さに切りなさい。それを暫く続けるなさい!

 

上記の指示を受けたあと、実行に移りました。

長さが一本・2~3メートルある材木群。その一本ずつを手にとって、50センチメートルに切っていくことを決めました。

電動ノコギリで、長さを合わせて、切っていきます。正確に切るには、集中力が散漫であってはいけません。材木を土台にキチンと置いて、長さが合うように意識を続けないと、正確には切れません

 

このプロセスを続行しました。

 

30分・・・。

1時間・・・。

2時間・・・。

 

単調な作業ですが、黙々と、同じ長さ、同じスピードで材木を切ることによって生じる『奥深さ』を感じていきました。
そして、2時間45分が経過したとき、この作業を終了してよいという指示がゼン・ヒラノ先生からありました。

 

で、そのあと、私の心理が、どうなったか?

約50センチメートルの長さの材木が綺麗に積み重なっている情景を見て、時間が止まったかのような静けさを感じました。

定のリズムで、同じことを繰り返すこと。そこから起きた心理の安定感。

 

ちょうど、夕方の16時半。富士の麓から流れる心地よい風。庭のベンチに座り、眼前に広がる美しい風景をじっと見つめていました。

私の心理に習慣づいてしまっていた、先を急ごうとするあまりに、落ち着かなくなる癖。
その癖が、このときは微塵も存在しませんでした。

 

これは、思考や悩みから自由になった瞬間でもあるでしょう。

あれから数年が経過しますが、当時の心境は、今でも忘れえないものとして記憶されています。

 

【ポイント】

この私の体験談から明確になる事実は、このようだと思います↓

 

〜同じスピード、同じ動作の効用〜

①同じスピードで、同じ動作を時間をかけて実行するとき、心の不安定さは薄らぐ。

②身体動作の安定さが、煩わしい思考や悩みからフリーにさせて、『今この瞬間に生きる』度合いを増長させる。

③身体と心は、密接に関係し連動しあっていることへの理解を深める。

 

日常生活で、どうしても、気分が晴れない場合もあると思います。

 

それを改善するために、例えば同じスピードで、公園を歩いてみたり、同じスピードで同じ文字を紙に書き続けたりしてみると良いかも知れません。

 

太極拳は、同じスピードで、ゆっくり身体を動かすことを要求されます。
私は太極拳を行うたびに、不思議なくらいに、苛立ちや不安な気持ちが、掻き消されます。

 

Constant speed, Constant rhythm

これが日頃の悩みの改善のための、鍵かも知れませんね!

 

この記事が、皆さんの参考になれば幸いです!

 

では、本日も、素晴らしい人生のステージをお過ごしください!

 - スピリチュアル