トニー・マサキ ライフブログ~メソード・ハピネス~

❝芸術とスピリチュアル、そして人生と幸福に関しての話を提供するブログ❞

Facebookのマーク・ザッカーバーグCEO製『AI』❝ジャービス❞の声にモーガン・フリーマン氏~この人選は秀逸すぎる!!~

   


皆さん、こんにちは!!

とても興味深いニュースがありましたので、ご紹介させていただきます。

Facebookの最高経営責任者で世界的に有名なマーク・ザッカーバーグさんが開発した人工知能アシスタント『ジャービス』の声に、名優モーガン・フリーマンが担当したとのことです。

 

『ジャービス』というと、大ヒット映画『アイアンマン』シリーズで、主人公のトニー・スタークをサポートする人工知能アシスタントです。

自宅用の人工知能アシスタントが、マーク・ザッカーバーグさんの手によって、今年、完成。一日のスケジュールや照明・空調のコントロールなど、そのお知らせに、モーガン・フリーマンさんの声が室内に響き渡るそうです。

 

う~ん、なんとも羨ましい(笑)
モーガン・フリーマンさんの深いトーンの声によるお知らせメッセージを聴くだけで、モチベーションが上がるでしょう。また、有力な後ろ盾を持った気分にもなるに違いありません。

 

他にもハリウッドで一線級で活躍されている俳優の方々が無数に存在する中で、モーガン・フリーマンさんに依頼して、承諾を受けるまでに至ったマーク・ザッカーバーグさんのチョイス秀逸であると私は思います。

 

アカデミー賞作品賞を受賞した映画『ドライビング・ミス・デイジー』におけるアフリカ系運転手の好演で、世界的に認められ、それ以降のモーガン・フリーマンさんの活躍は多くの映画ファンの知るところでしょう。

 

メガヒット作品『ダークナイト』シリーズで、主人公ブルース・ウェインを陰ながらサポートするフォックス役など、感動作『ショーシャンクの空に』でのレッド役など、助演の役柄を好演することによって、映画の質を高める貴重な存在であると思われます。

また、重厚な演技力における説得力のある台詞回しと、そのたたずまいは、まさに(物語の中の)『良心』とも捉えることができるでしょう。

俳優としても、役そのものとしても、「この人が居るから、心強く安心していられる」という信頼感を与えてくれてます。

 

人工知能アシスタントが、いわば『執事』という役割に近いのであれば、モーガン・フリーマンさんが声を担当したことは、これほど的を得た人選は他にないでしょう。

 

(※当ブログにおいて、モーガン・フリーマンさんに関する記事を過去にアップしたことがあるので、ぜひ、こちらも読んでみてください!)

名優モーガン・フリーマンの魅力~尊敬を込めて~

 

皆さんなら、もし自宅用の人工知能アシスタントの声を選ぶならば、誰を選びますか?
声質の良さで選ぶよりも、「(実際に)この人をそばに置いて助言を受けたい!!」と思える人物を選ぶと良いかも知れませんね!

 

モーガン・フリーマンさんを人選したマーク・ザッカバーグさんの抜群のセンスを感じさせてくれるニュースであると私は思います。

 

では、皆さん、本日も素晴らしい人生のステージをお過ごしください!!

001

 

 - ビジネス・一般