METHOD Network 【メソード ネットワーク】

人生を豊かにする方法論(メソード)や人々の役に立つ知識を軸に、トニー・マサキが皆さんに御届けする総合情報サイト!

『先見の明』 ~人間にしか持ち得ない、この能力を鍛える方法~

      2017/05/10


皆さん、こんにちは!!

「あなたには、先見の明がある!」
このように他者から言われると、気分が良いものです。

 

『先見の明』
このフレーズに印象の悪いイメージを持つことは、まず無いでしょう。

最近、ふとこの言葉について考える機会がありました。

 

~未開拓な分野・事象に着目する~

経営をされている方は、特に、ここに目をつけて、ビジネスとして展開するのだと思います。上手く行けば、大きな利益に繋がる。

経営をされている方には、必要不可欠な『能力』であるのかも知れません。

 

~『先見の明』という能力が身に付けば、未来の自分を明るくする~

たとえば、スティーブ・ジョブズさんは、『先見の明』という能力を誰よりも最大限に発揮した人だと思われます。

 

●Iphoneに関するエピソード

一般ユーザーが、テクノロジーに関して「複雑すぎて、わからない」という不満を持っていることをジョブズさんは捉えました。

そこで、『シンプルさ』に関して追求に、追求を重ね、あの不朽のデザインを完成させたようです。

 

誰も考えつかなかった「ボタンひとつ」のスマートフォン
インターネットをより身近なものにし、一般の人にも使いこなせるシンプルさ。

所有するだけで、スペシャルな気持ちにさせてくれること。

 

「ユーザーのニーズに、どのように叶えるか・・・。」
いち早く、要求を察知する「先見の明」があったからでしょう。

 

 

では、この能力をどのように鍛えれば良いでしょうか?

つまり、『先見の明』を持つための準備です。
私が思うに、つねに、様々の情報に対して、気持ちをフラットにしておくことだと思います。

まずは、自分の思惑だとか好き嫌いなどの偏見を持たず、与えられた情報に対して、適格に判断すること。

そして、心のアンテナを張っておく必要もあるでしょう。
言い換えれば、広く情報をキャッチする機会を持つようにし、情報が運び込まれるノウハウを知っておくことです。

 

より多くの情報を掴みながら、その情報を客観的に分析すること。これを日々、怠らなければ、ある情報や発想に関して、直感が働き、自分のオリジナリティーなものを創造できる・・・。

それが、『先見の明』という人間に与えれれた能力だと思います。

 

皆さん、どうでしょうか?

『先見の明』を持つためのトレーニング

何か良い訓練があれば、ご紹介ください!!

 

では、本日も、素晴らしい人生のステージをお過ごしください!!

 - ビジネス・一般