トニー・マサキ ライフブログ~メソード・ハピネス~

❝芸術とスピリチュアル、そして人生と幸福に関しての話を提供するブログ❞

美輪明宏さんが語る、「凄いオーラを放つ人」になるための条件とは?

      2017/03/09


皆さん、こんにちは!!

今日は、ある方の言葉(名言)を一つ紹介したいと思います。

 

美輪明宏さんが語った言葉です。

美輪明宏さんは、シャンソン歌手であり、芸術的な観点から人生や生き方に関して、珠玉のメッセージを今も伝えられています。

その数々の名言の中で、とても興味深い❝ワード❞がありましたので、シェアさせて頂きます。

「いつも素敵な音楽を聴いて、素敵な本を読んで、素敵な人と出会って、常にいいものに触れていると、その人が歩いているだけで自然に、もの凄いオーラが放たれているものです。」 (美輪明宏)

 

なるほど!

ある伝統工芸を創作している師匠が、その弟子に、「常に一流のものを見よ!」と説く話を聞いたことがあります。

あらゆる創造物の中で、『一流』や『一級品』として認められたものというのは、それ相応の理由がある。認められる所以がある。

だから、そうしたものを見て学ぶことで、自分が創作する品も一流に近づく、ということを意味しています。

 

美輪明宏さんの名言は、ここに通じているように思われます。

では、この全く反対に、『一流』とは、ほど遠い、愚鈍で不純なもの、つまらない本、意地汚い人などに接してばかりいたら、その人は、どうでしょう?

やはり、それに比例した、負のオーラが醸し出されているのでは、と予想されます。

 

人間が持つ気品の高さ、尊さ、エレガントな質とは遠ざかることは間違いないでしょう。
美輪明宏さんの発言の通り、貴高い品や本、人間性にも優れた人と接すると、やはり、その人自身にも、肯定的なオーラが纏われるように思われます。

 

人が生れながらにして携えている貴高さ。
そして精神的な高みが、身体そのもの、あるいは身体の外にまで放出されて、オーラとなって放出されること。

見えないものだけど、見えているように感じさせられる『オーラ』。それは正に生命エネルギーとも言えるでしょう。

美輪明宏さんの言葉は、極めて真っ当な発言に違いありません。

 

凄いオーラを放つことにより、カリスマ性が生まれ、人を魅了する特別な
何かを醸し出される。

大いに参考となる名言だと思います。

 

皆さん、いかがでしょうか?

ご意見をお待ちをしております!

 

では、本日も実り多き人生のステージをお過ごしください‼︎

 

 - 人生・生活