トニー・マサキ ライフブログ~メソード・ハピネス~

❝芸術とスピリチュアル、そして人生と幸福に関しての話を提供するブログ❞

恩師との再会 ~蘇る、Zen Hirano Acting Communityでの日々~

   


 

皆さん、こんにちは!!

当ブログの、自己紹介欄にもありますように、私は、名門ニューヨーク・アクターズ・スタジオ東洋人初の正会員ゼン・ヒラノ先生が創設された俳優養成専門機関『Acting Community』にて、10年間、在籍していました。

 

山梨県河口湖町にある3階建ての別荘を、先生自らの手で、スタジオ兼ご自宅に改築

専門技術を学ぼうとする俳優たちと、朝5時から起きて、ゼン・ヒラノ先生による指導を含めた2時間のトレーニング。

ゼン・ヒラノ先生直伝による、『リー・ストラスバーグ メソード』、『マイケル・チェーホフ メソード』、『太極拳』など俳優表現に必要なテクニックを学びます。

夜も、町の協力による舞台公演の練習や、勉学・自主練習に2時間以上。

このようなカリキュラムを基本として、毎日が進みます。

 

先生とともに、生活を共にするという『住み込みスタイル』

受講生は、俳優としての力量、精神力、美的センス、そして、人としての優しさ、思いやり、協調性の大切さも、学びます。

俳優というカテゴリーを通り越して、『人間としての在り方』を向き合う、かけがえのない場!

それが、『Zen Hirano Acting Community』です!

 

私は、ここで10年間の瞬間(とき)を過ごしました。

ゼン・ヒラノ先生、そして妻であり女優のミユキ・ヒラノ先生、寝食を共にした俳優の仲間とともに「私の人生の礎を構築させてくれた時間」と言っても、過言ではありません。

 

あれから約4年。

久しぶりに、私は、ゼン・ヒラノ先生に、お会いするために、河口湖に向かいました。

今回は、武部奨・亜実夫妻『古武道・結』を主催している山木結井と共に、でした。(彼らもまた、アクティング・コミュニティ卒業メンバーです。)

 

快晴の河口湖町。

 

14時に、スタジオに到着にし、いよいよ、ゼン・ヒラノ先生と再会することとなりました。

 

「皆んな、よく来てくれたねー‼︎」というゼン先生の声をいただき、嬉しさと感慨が入り混じったエネルギーに心が満たされました

やはり、ここが、心の故郷であり、私の今現在を築いてくれた、かけがえのない場所だと実感しました。

二階のゼン先生の広大なるプライベートルームに通されました。下記の写真を参考にしていただきたいのですが、(私の中に存在する)美的感覚を強烈に刺激するアート空間を目の当たりにしました。

 

10年の在籍の間、何度も見た、この空間、、、。

しかし、時を経て、この空間を改めて目の当たりにした私は、

「ゼン・ヒラノという名のアーティストが、自らのイマジネーションの全てを投入した、他には真似できないスペシャルスペース」であると思い、その美しさに、とても感動致しました。

 

 

そして、私たちに、「本物の演技とは、どのようなものか」人生は、どのように歩めば良いか」「好きなことをすることの大切さ」など、ゼン・ヒラノ先生ならではの、肯定的なパワーを全身に醸しながら、話していただきました。

あの頃と何も変わらないゼン先生の情熱的教え

当時、難関中の難関だった、『ニューヨーク・アクターズ・スタジオ』のメンバーオーディションに、一発で合格したゼン先生の特別な才能。

そこから発せられるエネルギーの強さ。

 

いま正に、「『恩師 ゼン・ヒラノ』が、私の目の前にいるんだ!」と胸が熱くなりました。

 

ゼン先生の話が終わり、そのあと、庭に出ました。

ミユキ・ヒラノ先生を中心に、まるでを描くように、各方面から訪れた沢山の方々が、集われていました。

いま現在、広く一般の方々に、この場所は解放されていて、親交を深める『憩いの場』になっているとのことです。

素晴らしいことだと思います。

 

各分野で活躍されている方々が、人を思いやり、交流し、笑いあえる、まさにユートピア
月日が流れて、愛と美の場として、この場所は『昇華』されたのだと、私は思いました。

 

そして、その後、私たち全員で、3階のスタジオ(稽古場)に足を運びました。

 

まさに、ここが、

私を成長させてくれた場所。

私を磨かせてくれた場所。

『本物の演技とは何か』 その本質に迫るために、日々努力した場所。

人を演じる喜びと厳しさを知った場所。

仲間と共同で、作品を作りあげる楽しさと重みを痛感した場所。

雨の日も、風の日も、雪の日も、暑い日も、寒い日も、スタジオに向かい、練習した場所。

そして、ゼン・ヒラノ先生に指導を受けた唯一無二の神聖な場所。

 

四年の月日を経て、私は、ここに立ちました。

 


いま、このスタジオの中に立ち、目の前に広がる光景が、原風景
全ての思いが凝縮された瞬間。

そして、現在地でした!

 

2017年4月15日、16時。

私たちは、ゼン先生、ミユキ先生に、挨拶をし、河口湖を離れました。

ゼン先生は、「また、いつでも、ここに来なさい!」と言い、去りゆく私たちに手を振ってくれました。

そのゼン先生の姿を忘れることは無いでしょう。

 

まさに、私たちの、永遠なる恩師であります。

 

私が思うのは、『Zen Hirano Acting Community』があっての、「今、この瞬間」が存在している、ということです。

今、この瞬間があるのは、あの頃があったから。

それを確かめるための、「恩師への訪問」であったのかも知れません。

 

すべては、今この瞬間・・・。

時は、刻々と流れていく。『宇宙の大きな流れ』があるのなら、その渦の中に、私は存在しているのでしょう。

『Zen Hirano Acting Community』での日々は、まさに、「私の心という名の宇宙の一部」。

 

今なお、私の中で、あの頃は、燦然と輝いています。

恩師への感謝の気持ちと共に、私は、これからも前に進みます!

 

~蘇る、Zen Hirano Acting Communityでの日々~

                      そして、私は、今この瞬間を生きる。

 

 - アート(表現に関する全般)