トニー・マサキ ライフブログ~メソード・ハピネス~

❝芸術とスピリチュアル、そして人生と幸福に関しての話を提供するブログ❞

都会の電車内で実際に起きた、男女間のリアリティー ~メソード・アクティング的考察~

   


皆さん、こんにちは!!

今回は、10月1日、午後8時半、私が実際に見たことについて、お伝えします!

 

電車の中での出来事。

私のフェイスブックで、以下の文をアップしました。

 

友人の方々から、なかなか好評をだったようです。

 

まずは、こちらを読んでください⤵

 

「先ほど、電車に乗っていたら、前の席に50歳代の男性・女性が座られました。
おそらく夫婦(もしくは愛人関係?)

しばらくすると、なにやら口論が始まりました。

先に男性が、自分の境遇やら置かれた状況やらに対して不満があるらしく、女性に、八つ当たり的な発言をはじめました。

 

最初は、冷静に聞いていた女性。

しかし、だんだん腹が立ったらしく、女性も言い返しだしました。

 

女性のほうが、男性に「もう、それ以上、何も話さないで!!」と忠告、、、。

そして、お互いの意見を出し尽くしたのか、しばし沈黙が生じます。

ところが、その後、女性が、おもむろに立ち上がり、20メートル先の座席に座りなおしました。
(※別の車両に移動しなかっだのが、ミソかも?)

 

この20メートルの男性と女性の距離感。
ここに、二人の人間模様が醸し出されていました。

 

これぞ、まさに、リアリティ!

自分は、途中で下車しましたが、二人は、このあと、どうなったのでしょうか?

それは、、、二人と、神のみぞ知る!」 (※私のフェイスブックより)

 

まさに、私がリアルに見た出来事です。
両者の間には、かなり、気まずい雰囲気が漂っていて、その負のオーラが車内に見えるかのようでした(笑)

 

で、ここからです!

もし、このような状況が台本に書かれてあって、彼らを演じなければならないとしたら、役者は、どうしたら良いでしょうか?

 

まず、大切なのは、男性は、何が不満で、なぜ、女性に、ぶつけるくらいまでに至ったのかを想像してみることです。このリアリティーを役者が持たないと、このシーンは、成立しません。

台詞を上手く言うとか、それは、後からです。

 

まず取り組むべきは、男性の抱えていた欲求不満の所在を掴むことです。

 

ここから、役者自身のイマジネーションが試されるでしょう。多くの台本には、事細かく状況説明はされていません。

台詞と、数行の補足文のみです。

 

男性には、どのような過去があったのでしょうか?
女性と、過去に、どのような、いざこざがあったのでしょうか?

 

では、なぜ一般客のいる電車の中で、男性は、不満を口走ってしまったのでしょう?

 

こうした「なぜ?」に対する答えをみつけていく作業から、役者は、与えられた役に接近していくことになります。いわば、この作業こそ、演技の面白味なのかも知れません。

 

一方、女性の方は、どうでしょう。

なぜ、沈黙のあと、立ち上がって席を移動したのでしょうか?

立ち上がる前に、どのような心情が蠢いていたのでしょう?

 

役者が、ただタイミングよく立ちあがるのでは、この女性のパートを真に演じることは出来ません。

つまり、この車内の設定をリアルに演じることにはならないからです。

 

女性の葛藤に対して、役者が理解する必要性があります。
彼女に生じた「立ち上がる衝動」を演じる側が体験することによって、このシーンそのものが成立に向かいます。

 

このように考えていくと、私が遭遇した、この二人の人生模様は、とても深いです。

そこに二人の悲哀さえ感じられます。

 

人間どうし。

感情の縺れ合いは、頻繁に起きます。

(世間的には)マイナス面として捉えられる感情表現にこそ、ドラマ』があるでしょう。

 

〜私が偶然にも出会った、二人の情景〜

作品のワンシーンになりそうです。

 

それは、なぜか?

そこに、『人間のリアリティー』があるからです!

 

では、皆さん、本日も素晴らしい人生のステージを満喫してください!

 - 演技・演劇