METHOD NETWORK【メソード ネットワーク】

人生を豊かにする方法論(メソード)や人々の役に立つ知識を軸に、トニー・マサキが皆さんに御届けする総合情報サイト!

桜と四季、それは日本人として生まれてきたメリット!

   


皆さん、こんにちは!!

四月に近づき、温かい陽気に包まれてきました。

いよいよ春到来です!

 

昨日の日中のことです。私は、近くにある河川敷の道にて、ウォーキングをしていました。

通りがかりの、桜の木が満開に近い状態で、綺麗だなと、思わず見とれていました。

 

そのとき、ふと思ったことがあります。

「日本人に生まれてきて良かった。」

 

私は正真正銘の日本人ですが、【日本人で良かった】という実感をこれまで持ったことが少なかったような気がします。

 

まあ、そうなんでしょう。日本人として当たり前の日々なので、その良さは、なかなか感じないものです。

ところが、昨日、桜の木を見て、今回、実感できました。

 

今年の冬は、例年に比べても寒かったのではないでしょうか?

 

人生に例えると、『冬という名の苦難な道』を乗り越えて始めて、晴れやかな日々が訪れる、、、。桜が、苦難を乗り越えた自らを祝ってくれているような、、、。

桜と四季によって、古来から、私たち日本人は、独特の感覚を身につけてきたのではないでしょうか?

 

 

桜と四季が存在するのは、日本人として生まれてきたメリットだと思います。

四季と人生を例えることが出来る。それにより、芸術などの創作に生かせることも可能となる。

 

雨が降るから、天気が晴れ渡ったときの喜びを知れる。

冬の寒さがあるから、春の陽気と、桜の美しさに見惚れることも出来る。

 

『対比』によって、喜びと悲しみの本質を認識することにも繋がる。

 

春の訪れ。

桜の満開。

 

〜日本人の私たちだからこそ味わえる喜び〜

普段からも、噛み締めたいものです。

 - 人生・生活