トニー・マサキ ライフブログ~メソード・ハピネス~

❝芸術とスピリチュアル、そして人生と幸福に関しての話を提供するブログ❞

朝雲の情景 〜移り行く流れの下の人々〜

   


 

皆さん、こんにちは!!

先日、早朝にランニングをしていたときです。

上記の写真にもある《朝雲》に出会いました。

 

なかなか魅力的な雲だと思いませんか?
下部の大きな雲から、個別に雲が広がりをみせているようなイメージを思い起こさせます。

また、白ではなく、黒っぽいカラーを帯びているからこその、ダイナミズム。

 

自然が織りなす不思議さと驚異も、この時、感じました。

 

えば、雲ほど、「移り変わり」を感じさせるものはありません。

 

皆さん、空を見上げて、そこにあった雲が、数分後には、形を変えていたり、他の雲と一体になったりしている情景を見たことがありますか?

おそらく多くの方々が、人生そのものを、雲の移り変わりと同様なものとして見ているでしょう。

 

私の友人の武部奨氏と、彼の奥さんが、まるで『龍そのもの』のような雲を見て、感動したと以前言っていました。

もちろん私は、その瞬間には、別の場所にいて生活していたのですが、二人がドラゴン雲を見上げていて、『その不思議さ』に感動していた情景を想像します。

ドラゴン雲の遥か下にて、見上げている二人の姿。そして、隣人の人たち。

 

俯瞰してみると、『雲と人との親密かつアメージングな関係性』に、世界の縮図を知る思いです。

 

私が早朝に見た雲は、もはや存在しません。

しかし、あの雲を見つめた私は、今も存在し続けているわけです。
これこそ、まさに『移り行く流れの中にいる私であり、人々』なのです。

 

全ての人々が、時代や宇宙や自然の流れと移り変わりの中に存在します。

変わらないものなど存在しないのかも知れない。

 

「移り行く流れの下の人々」

私も、その一人です!

今日は、エッセイ調に書いてみました(笑)

 - 人生・生活