トニー・マサキ ライフブログ~メソード・ハピネス~

❝芸術とスピリチュアル、そして人生と幸福に関しての話を提供するブログ❞

『大いなる才能の持ち主』 ~それは、どのような人?~

      2016/12/09


皆さん、こんにちは!

『持って生まれた才能』 『天から与えられた才能』

 

現代社会において、才能というフレーズは、以前にも増して重んじられていると思われます。

特に、ここの最近では、知識よりも知恵を重視し、知識を生かす能力を問われる時代になっております。

そのため、『才能』に関して、注目も高くなり、才能豊かな人に、お金を投資する傾向にもあるでしょう。

 

『二刀流』の北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手は、『才能の塊』という点では、非常に解りやすい例です。(※もちろん、投手でも打者でも好成績を残したのは、大谷翔平選手の陰の努力(ハードなトレーニング)があったことは、言うまでもありません。)

 

個々の才能を重宝し、大事にする動きは、これからの時代の流れとして定着していくのではないでしょうか?
ジェラシー(妬み)などで個々の才能を潰してしまうのは、もはや時代遅れだと私は思います。

 

ところで、才能のある人は、メディアにて露出している著名人の方々だけではなく、身近な場所に、存在していると思われます。

 

今日の記事では、私の親友の一人を例に挙げたいと思います。

この親友は、

「いつのまにか、~を達成している。」
「いつのまにか、~をやっていた。」という特徴があるのです。

 

たとえば、私の知らぬ間に

「バイクの免許を取得していた。」

「車の免許を取得していた。」

「○○の資格を持った。」と報告をしてきます。

 

常に行動を共にしているわけではないので、『知らぬ間に』というのは当然かも知れません。

ところが、この親友は、「えっ? 時間もないはずなのに、いつの間に、○○を所得(あるいは達成)していたの?」と驚かせてくれるのです。

 

他の友人には、そういう驚きは感じないのですが、この親友には、どういうわけか「えっ??いつの間に・・・??。」という気持ちを持たせてくれます。

 

これは、なぜなのでしょうか?

私が思うに、おそらく、この親友は『直感型人間』なのではないでしょうか?
思い立った時に、躊躇せず、やりたいことをやれる能力が高いように思います。

そのため、行動することやチャレンジすることが億劫ではなく、素直に、それに向かっていける能力が高い。雑念や不安が先に立つのではなく、『とにかくやってみること』を優先し、スムーズな流れで実現する能力に長けていると私は感じました。

 

また、『思考からフリー』である度合いが強い人物であると私は分析します。
そのため、行動が読めない。
行動する際に「不安感というクッション」を置かない。

そうしたものが相まって、「いつのまにか、○○を達成していた。」という印象を与えているのではないでしょうか?

 

これは一つの、「天から与えられた才能」であると私は思います。
思考(雑念)からフリーになるということは、やりたいことに対して直感的に瞬時に行動を起こせるということにも繋がります。

逆に言えば、思考からフリーではなく直感に従えないというのは、『個々の才能を開花させる妨げ』という意味でもあります。

思考が、いかに才能を潰してしまうか・・・。

 

皆さん、ぜひ『直感型人間』に転身、あるいはキープすることをオススメします。ふと沸き起こった『自分のやりたいこと』に上手く従えることが出来れば、幸せであると思われます。

メディアで取り上げられている著名な方々のみが、『大いなる才能の持ち主』ではありません。
身近なところに、どこにでも、そういう方々が、見受けられると思います。

そして、私たち自身も、持ちうる資格があるでしょう。

 

「誰も知らぬ間に、私は、○○を達成していた。」
私も、そうした印象を与える行動派でありたいものです。

 

では、皆さん、本日も素晴らしき人生のステージをお過ごしください!!

 

001

 

 - ビジネス・一般