METHOD NETWORK【メソード ネットワーク】

人生を豊かにする方法論(メソード)や人々の役に立つ知識を軸に、トニー・マサキが皆さんに御届けする総合情報サイト!

『整理整頓は、(その人の)美的センスを高める!』 〜師からの教えより〜

   


皆さん、こんにちは!!

前回、このようなブログ記事をアップしました↓

断捨離(だんしゃり)と、空間形成。その先には、メンタル・ピースがある!!

断捨離や部屋の片付け、それに伴う空間形成と、心の様を関連づけた私の意見です。

 

この記事と連動し、今回は、(私の師でもある)ニューヨーク・アクターズ・スタジオ正会員ゼン・ヒラノ氏から伝えてもらった、ある言葉を引用し、記事として、纏めてみました。

 

『整理整頓は、(その人の)美的センスを高める!』 〜ゼン・ヒラノ〜

 

これは、紛れもなく私が、師本人から聞いた言葉です。

 

 

師から教わったことは、数々あります。その中で、この言葉は、特に印象に残っています。

何故でしょう?

 

数年前、この言葉を聞いた時に、私の心境そのものに、見事にヒットしたのかも知れません。

 

この言葉を聞くまで、私は、どうだったでしょう?

思い返すと、部屋の中の片付けだとか、整理整頓など、「面倒くさい!」と思っていました。

実家暮らしをしていたときなど、「整理整頓など二の次」みたいな感じで、自分の部屋の中も乱れていたのを覚えています。

ところが、師の言葉を聞いたときから、私の心理に強い変化が起きました。

まさに、これは『タイミング』そのものだったのでしょう。

 

それからというもの、私は、部屋における家具、パソコン、備品類など、配置や角度に、こだわりを持つようになりました。

(購入する物に対しても、基本的にはデザイン重視にも。)

 

微妙な位置、微妙な角度、微妙な配置、、、。

『こだわりだしたら、止まらない』という感覚。

(まさに、前回のブログ記事にて紹介した『インナーアージ』の出現です。)

 

師の言葉を聞いて、《美的センスを高められる利点》に関して“心の着目”があったからではないでしょうか?

※余談ですが、部屋のデザイン、シンプルさ、そして美しさに対して、こだわりはじめたため、スティーブ・ジョブズさんが生み出した【iphone のシンプルなデザイン性】に対して、感銘を受ける機会もありました。

 

「この配置でなければ、なんか(心理的に)気持ち悪い!」

このような気持ちになれば、自らの美的センスは高まっている証明だ、と私は思います。

そして、美的センスは、個人個人、全く違うでしょう。

 

同じ薔薇を描かせたとき、ゴッホはゴッホで、ピカソはピカソで、モネはモネで、全く違った絵になるように、、、。

まさに個人個人の美的センスこそが、『個性』なのだと思います。

 

〜“生活そのもの”が、美的センスを高めることに繋がり、想像力を向上させることになる〜

このような認識を与えてくれた師に感謝しています。

 - 人生・生活