METHOD NETWORK【メソード ネットワーク】

人生を豊かにする方法論(メソード)や人々の役に立つ知識を軸に、トニー・マサキが皆さんに御届けする総合情報サイト!

美輪明宏さんが語る、『悩んで落ち込んだとき』に必要なものとは?

   


 

皆さん、こんにちは!!

当ブログにおきまして、これまで著名人の方々の『名言』を元にした内容の記事をアップしてきました。

その中で、長い期間、読まれ続けてきた『名言記事』があります。

 

それは、誰の言葉だと思いますか?

 

美輪明宏さんの名言です。

 

美輪明宏さんは、かつて、三島由紀夫氏や遠藤周作氏といった文化人からも支持を得て、長きに渡り、その音楽、そして言動により、多方面に影響を与えてきた日本を代表する歌手です。

最近では、2015年、『第66回NHK紅白歌合戦』に出場。(自身の持つ史上最年長を更新すると同時に史上初の80代での出場を記録)

 

こうした経歴の方だけに、美輪明宏さんが放った言葉(名言)は、広く一般の方々の胸に突き刺さるものがあるのでしょう。

 

今回は、美輪明宏さんの名言を一つピックアップしました。

 

こちらです↓

 

「悩んで落ち込んだとき、

必要なのは理性。

いらないのは感情。

原因をクールに分析して、

解決方法を見つける習慣を。」

美輪明宏〜

 

全く、その通りですね。

美輪明宏さんの言葉だけに、この言葉の重みを感じます。

悩んだり落ち込んだりしたときに、真っ先に訪れるのは『感情』ではないでしょうか?

 

失望や落胆、あるいは悲しみや怒り。

しかし、そこに留まっても、なんにも解決しない。むしろ、精神的な負担を背負いこんで、どんどん泥沼にハマるでしょう。

 

解決の糸口は、『理性』

何をすべきか。

何が必要か。

冷静に物事を判断する必要があります。

 

感情は、それはそれとして踏まえながら、とにかく理性に委ねること。

とても大切かつ真実をつく言葉だと思われます。

 

長崎の原爆投下を目の当たりにし、そのあと家庭的な貧困に陥りながらも、苦労の末、音楽の道を切り開いた美輪明宏さん。

 

そうしたエピソードを知り、私自身も、この言葉の重みを知る思いです。

 

美輪明宏さんの経験から来る名言。体験に基づく認識。

胸に突き刺さります。

 - スピリチュアル