あなたは、100%以上スタートと100%以下スタート、どちらを選ぶ? ~前提を変える生き方のススメ~

      2017/02/16


皆さん、こんにちは!!

『前提』というのは、人生において、とても重要なワードであることを私自身、認識を深めています。そのことに関して、今日はブログ記事で言及してみたいと思います。

 

たとえば、

「私は、今現在、(いろいろな点で)充分に満たされてる」

「私は、今現在、(いろいろな点で)まだまだ満たされていない」

 

この両者のうち、心の中に、どちらの比率が高いでしょうか?

経済面、健康面、愛情面など、『満たされている・満たされていない』という点では、その人自身、様々な形で思うところがある、と推測します。

 

てが満たされていて、自分が100%、いやそれ以上の人間であるという自信を『前提』として行動するか。

または、その逆で、

全てが満たされるまでは、まだまだ時間が必要で、自分は100%の人間に達していないということを『前提』として行動するか。

前者と後者では、人生模様も、全く違うものとなるでしょう。

 

総じてですが、後者の思考スタンスの方のほうが多いように思います。

 

『私は完璧だ。』

『私は100%だ。いや、それ以上だ!!』

『私には課題なんて、もう無い!』

 

仮に、このように高らかに宣言したら、

人からは「それは、傲慢だ!」「お前、謙虚になれ!」などと批判の言葉が浴びせられるでしょう。

それを恐れて、多くの人は、「私は、まだ課題がある人間で、これからも精進していきます。」といった謙虚な言葉を唱えたりもします。

 

しかし、本当のところは、どうでしょうか?

 

「この世に生まれてきたことが奇跡!」

「私そのものが、奇跡の存在!

「生まれてきたことだけで100点満点であり、充分である!」

この言葉を『前提』とした思考回路で行動した場合、自分を卑下する時間はグンと少なくなるでしょう。

 

ある課題があり、それをクリアすれば、自分は満たされて100%な存在であると思い込んだとします。ところが、仮に、課題をクリアした場合、果たして、100%な存在として満足するでしょうか?

「いや、まだ別の課題があるぞ。それをクリアしなければ・・・。」という思考が生まれないでしょうか?

もし、そうなったら、満たされる思いが遠のくでしょう。いつまでたっても100%の人間に成れず、そこからのスタートが切れません。

 

自分が生まれてきたこと自体が、素晴らしいことであるという『前提』

命を与えられたことが100点満点

存在そのものが100%

こうした『前提』からスタートすれば、果たして、どのような相乗効果があるか?
試す価値は充分にあると思います。

 

~『前提』を再考し、変更してみること~

私が最近に気づきとして、オススメしたい着眼点です!

 

では、皆さん、本日も、かけがえのない人生のステージをお過ごしください!!

 - 人生・生活