第一印象と、その人の本質~私の人間観察~

   


皆さん、こんにちは!
日常生活を過ごす上で、いろんな性格の人と出会います。

私も、これまで多くの人と出会ってきました。

 

『他者を知り、自分を知る』

あらゆる性格の役柄を演じる上で、『人間観察』は必要不可欠です。

他者の性格や行為から、自分を見つめる。その見つめた先に、役を演じる準備が整っている。私は、そのように信じています。

 

多くの人たちと出会ったの経験から、ある一つの特徴が挙げられます。

「その人の本質は、第一印象やイメージとは真逆のところから、垣間見える」ということです。

 

たとえば、初めて会ったときから、自分には、とても気さくで、親しみのある態度をするひとが居たとします。ところが、いざ何かを頼んだとき、急に素っ気ない態度や返事をし、距離を離れようとする。

私が出会った人の中で、結構こういうひと多いです(笑)

「えっ?これまでの態度はなんだったの?どうして、こんなに冷たくなれるの!?」
最初のイメージとギャップの大きさ。実は、この人は、本当は『冷たい人』なのかと疑ってしまいます。

 

またそれとは逆に、初めて会ったときから、素っ気なくて、冷たい態度や発言をする。ところが、何か困ったことがあった場合、そのイメージが嘘のように、親身に助けてくれたりする。

「なんだ!この人は、本当は、優しい人だったのか!」

当初イメージが悪かった分、この人の優しさを見たとき、かえって親近感が増す。こういう人も、世の中に結構存在すると思います。

 

しかし、前者も後者も、結局のところ「損をしている」と、私は思います。

第一印象で印象の良かったひと(前者)が、急に否定的な態度を取っていまうと、その『冷たさ』が、この人の本質として捉えられてしまう。つまり、不信感を抱かせる結果になる。

その親しみやすさをずっとキープできれば、互いにより良い関係を築けたのに。
「もったいないなぁ~」 と、なるわけです。

 

一方、第一印象で印象の悪かった人(後者)が、急に協力的な態度を取ると、その『優しさ』が、この人の本質として強く捉えられることもあるでしょう。

だけども、その本質的な優しさを知る前に、これまで何人のひとが、この人の元から離れたでしょうか。

もっと早い段階から、本来備わっている『優しさ』を表せていたなら、良い人間関係が、もっと増えていたことでしょう。

 

自分自身をさらけ出したくない・守りたい。 心境が不安だから、、、。

『不安』が、自己をイメージ化し、第一印象の殻によって、相手に本音の部分を悟らせまいとする。

 

では、もし反対に『安心』が第一印象を作り出していたら、どうなるでしょうか?

穏やかだからこそ、ずっと好印象が変わることなく、親しまれ続ける。きっと、そうなるでしょう!

 

私も、『安心」を前提として、人間関係を築き上げていきたいと思っています。

 

では、皆さん、今日も人生の良きステージを!

 

 

 

 - 人生・生活