METHOD NETWORK【メソード ネットワーク】

人生を豊かにする方法論(メソード)や人々の役に立つ知識を軸に、トニー・マサキが皆さんに御届けする総合情報サイト!

『安室奈美恵 Final Tour 2018 ~Finally~』(京セラドーム大阪)の感想

   


 

皆さん、こんにちは!!

とても幸運ですが、今年9月に引退する安室奈美恵さんによる、【京セラドーム大阪】でのコンサートチケットに当選しまして、22日(日曜日)に、行ってきました!

長年ファンクラブ会員であるコアなファン方々でも、なかなか当選できないようです。

 

ですが、昨年の抽選にて、アリーナ席に当選

 

私の地元・大阪でのコンサートでもあります。私自身は、とりわけ熱烈なファンではありませんが、このような形で来場できたことは、非常に恵まれていると思っています。

 

下記に、コンサートの感想を述べますが、「そういう自分」だからこそ、新たな視点を提供できるものと思っています。

 

(※なお、曲順などのネタバレ的な情報は、一切記載しませんので、御安心を!)


 

【安室奈美恵 Final Tour 2018 ~Finally~ (京セラドーム大阪)の感想】

 

『安室奈美恵の前に安室なし、安室奈美恵の後に安室なし』

私にとって、この一文に尽きます。

 

しばらくの間、安室奈美恵さんに追随する女性ソロ歌手は日本では生まれないのではないでしょうか?

ただ、歌うだけのスタイルではありません。

 

プロのダンサーたちと奏でるダンスムーブメントとともに、約2時間半、止まることなく歌い続けるスタイル

しかも安室奈美恵さんの場合、短時間かつインスタントに備わったダンスレベルではないわけです。

 

幼少期から沖縄アクターズスクールにて基本を学んできたからこその、歌唱力とダンス力。(この時に培った技術が、現在の安室奈美恵さんのパフォーマンスを支えていることは言うまでもありません。)

 

加えて、沖縄生まれであること。ここは大きなポイントです。沖縄で生まれ、そこで暮らすことでしか養われない独特の感性。大自然に囲まれて生活してきたからこその、メンタル的な大らかさ

こうしたことを踏まえても、歌手・安室奈美恵さんは、他の誰にも真似できない、『ブランド』であることは間違いないでしょう。

 

『不世出』

この言葉が当てはまる歌手の一人だと認識します。

(私自身も、このような[事実]を、今回初めてコンサートでの安室奈美恵さんを観て、理解できたわけです。)

 

安室奈美恵さんの素晴らしさを語る上で、どのライブやコンサートでも、グレードを落とすことなく、ムラもなく、淡々とパフォーマンスを進行する『安定性』であることを、私も事前に聞いていました。

当たり前のことを当たり前のように行うこと。

 

この『安定性』は、コンサートを通じて、私も理解できました。

今回の京セラドーム大阪でのパフォーマンスレベルを、長い年月、どの会場でも行なってきたのだろうなぁ、という印象を持ちました。

 

しかし、、、。

今回のコンサートで、もっとも大きな要素があります。

 

それは、ファイナルであるということです。このツアーを最後に引退するという揺るぎない真実。

安定化された安室奈美恵さんの歌・ダンスにおいて、『これが最後のコンサート。』という心情が、ご自身から醸しだれているのです。

 

これは、これまでのコンサートとは決定的に違う要素でしょう。

 

当たり前のように実行された『安室奈美恵パフォーマンス』に投影された『安室奈美恵の心情』

歌とダンスに『心情』を乗せることの大きな意義。

ご自身による「ファンへの感謝とノスタルジー」が、『心情』となって全身に乗り移る。それによってもたらされるパフォーマンスそのものの“プレミア感”

 

これは安室奈美恵さんの「道のりの大きさと深さ」を感じさせる一つの証拠ではないでしょうか?

 

小室哲哉さんによって提供された曲と、そうではない曲が上手くミックスされ、その演出・構成の卓越さによって、グイグイ引き込まれます。

(「小室哲哉さんによる曲」と「小室哲哉さんによるものではない曲」が存在したからこそ、かえって安室奈美恵さんの歌唱力を含めた技術的な面が、さらにパワーアップしたことは、コアなファンならば解っていることでしょう。)

 

コンサートが佳境に近づくに連れて、私が率直に感じたこと。

それは、『引退=終わり』という寂しさ・悲しみでは決して終わらないということでした。

 

どこか、『未来と希望』を感じさせる雰囲気、、、。

終わりの寂しさ、それに伴う絶望感よりも、これから新たな何かがスタートするような予感。

 

おそらく、安室奈美恵さん本人の心境とマッチしているのでしょう。

 

引退だとか、終わりだとか、そのような狭い範囲を超えた、『大いなる存在』

私は、コンサートの終盤になるにつれ、その大いなる存在を感じざるを得ませんでした。

 

母なる大地

あるいは大海原を悠々と泳ぐクジラのような、、、。

 

そうです!

これは、安室奈美恵さんがファンに向けた『母性』そのものなのでしょう。

 

ファンを包み込む安室奈美恵さんによる、母のような包容力

引退というカテゴリーをはるかに超えた、大いなる存在。

私は、今回、それを感じとることが出来ました。

 

安室奈美恵さんの残した音楽は、これからもファンの皆さんの心に息づいて行くに違いありません。

 

『安室奈美恵の前に安室なし、安室奈美恵の後に安室なし』

それは唯一無二であることの証明。

ひとりのミュージシャンの枠を超えて、大いなる心の礎として、未来永劫、ファンに語り継がれることとなるでしょう。

 

つまり、愛そのものなのです!

 - 音楽