トニー・マサキ ライフブログ~メソード・ハピネス~

❝芸術とスピリチュアル、そして人生と幸福に関しての話を提供するブログ❞

映画『ヒート』・製作20周年記念ブルーレイが発売されたそうです!

      2017/03/05


皆さん、こんにちは!!

ロバート・デ・ニーロさんと、アル・パチーノさんが初共演して、注目と話題を集めた映画『ヒート』

製作20周年を記念したブルーレイが3月3日に発売されたそうです。

 

詳しくは、こちらを参照↓


 

映画史上に残るド迫力の銃撃戦がデジタルリマスターで甦る!
さらに新たな特典映像とテレビ版吹替を初収録!

http://video.foxjapan.com/sp/blu-ray/premium/29/


 

公開から20年も経つのですね。

これまで一度も共演していなかった二大名優。待望の共演として、公開前から映画ファンの心を熱狂したのを覚えております。

ところが、この映画は、かなり曰く付きの作品となりました。

というのは、ロバート・デ・ニーロさんと、アル・パチーノさんのツーショットが一度も在りません!!

 

例えば映画の中盤で、二人がレストランの中で会話をするシーンがあります。

いよいよ、二人の名優が、映画史上初めて、掛け合うシーンですが、しかし、しかし、、。

 

一方が話している間、片方が画面に映っていないという繰り返し』で、シーンが過ぎ去っていきます。

 

ですから、「本当に、二人は、セリフを掛け合わせたのか?」という疑惑が生じました。このレストランのシーン以外は、それぞれのパート(役)の場面が別々に展開されます。

別の撮影場所で、それぞれがシーンを撮り終えているという構成です。

 

「果たして二人は共演したのか?」という疑惑が持たれるのも無理はないでしょう。

いわゆるトリック疑惑です!

しかし、数年後に再び共演した映画『ボーダー』では、本作の疑惑を晴らすかのごとく、ツーショットのシーンが連続されます。

 

これにより、映画『ヒート』の謎は、薄らいだのですが、こうした側面からも、色々、話題を振りまいた映画なのは確かです!

 

クリストファー・ノーラン監督『ダークナイト』冒頭での銀行強盗シーンは、この作品をモチーフに創作されたそうです。それだけ、マイケル・マン監督の映像における手腕は、他の監督からも影響力が高い証明でもあります。

 

マイケル・マン監督、そしてロバート・デニーロ、アル・パチーノの二大名優がスクラムを組んで完成した力作。

既に観たことのある方は、20周年を機に、もう一度鑑賞してみるのは、いかがでしょうか?

 

それでは皆さん、今日も人生という名のステージを有意義にお過ごしください!

 


 

トニー・マサキ、ススムOK氏 共同主催による、一般の方々に向けての、幸せで在るためのワークショップ『メソード・ハピネス』(定期講座に関する情報は、こちらの専用ホームページでご確認ください⤵

http://okcompany.net/


 

 - 映画