トニー・マサキ ライフブログ~メソード・ハピネス~

❝芸術とスピリチュアル、そして人生と幸福に関しての話を提供するブログ❞

映画『メッセージ』が、 現代人に求められる理由(わけ)

      2017/07/12


皆さん、こんにちは!!

映画『メッセージ』をご存知でしょうか?

テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を基にエリック・ハイセラーが脚本を執筆。

ドゥニ・ヴィルヌーヴが監督を務めた2016年のアメリカ合衆国のSFドラマ映画です。
(主演 エイミー・アダムス)

 

ある日、突然、世界の12の都市に、忽然と宇宙船のような物体が、舞い降ります。
その物体は、攻撃もアクションも何もせず、ただ空中に静止しているのみ。
各国は、どのように応対し接するかを模索。

世界が揺れ動く最中、アメリカの一人の女性 、言語学者のルイーズ・バンクスが、この謎の異星人との接触し、交流をすることを試みます。

はたして、彼らの目的とは?

 

この映画は、未知なる生物に突然に相対させられた人類の行動をシミュレーションしながら、人の在り方・未来への在り方を問う内容になっています。

知人からも、事前に、非常に完成度が高いと聞いていました。
何としても観に行きたいと思い、映画館での上映が最後の日に、時間を割いて、鑑賞しました。

 

館内も、最後の上映日にも関わらず、満員状態本作の注目度と関心の高さが伺えました。
おそらく、私と同様に、「この映画は、なんとしても観ておきたい!」という衝動に駆られた人が多かったのでしょう。

 

この映画は、未知なる生物との対面を通して、人間の精神・価値観を問われる展開を上手く表現しています。
つまり、映像で表現するスピリチュアル映画といって良いでしょう。

目に見えない世界、未知なるものを通して、人間の在り方を考える。
このアプローチは、精神世界・自己啓発に通じるところであり、いわゆる『スピリチュアル』という言葉と関連性があるでしょう。

 

こうしたジャンルの映画が好評なのは、世の中の人々が、以前にも増して、『目に見えない世界』『精神の領域』に関して、注目度合いが増してきたからではないでしょうか?

 

いまだに無くなることがない戦争、暴力、紛争。そして、その事象に関する過熱した報道。
もはや、人々にとっては、 そうした世界の状態に、「飽き飽きした」のではないでしょうか?

だからこそ、見つめ直さないといけない『自らの生き方』について・・・。
戦争や忌々しい事件の最中にいるからこその、『気づき』

 

映画『メッセージ』のヒットは、必然とも言えるでしょう。
これからも、このような映画は増え続けると思われます。

 

映画は、その時代を投影する傾向にあります。
まさに、時代は、『スピリチュアルへの求め』なのかも知れません。

 

ぜひ、鑑賞をオススメしたい作品です。

では、皆さん、本日も素晴らしい人生のステージをお過ごしください!

 - 映画