METHOD NETWORK【メソード ネットワーク】

人生を豊かにする方法論(メソード)や人々の役に立つ知識を軸に、トニー・マサキが皆さんに御届けする総合情報サイト!

「いま、この瞬間に生きている」と実感できた体験記

   


皆さん、こんにちは!!

「いま、この瞬間に生きている」 このように実感する時間を、皆さん、一日の内に、どのくらいお持ちでしょうか?

つまり、過去にも、未来にも囚われないでいる瞬間です。

 

このような時間を持つのは、なかなか難しいのではないでしょうか?

私自身も、なかなか難しいです(笑)

 

今回は、数年前に、『いま、この瞬間に生きる』ということを体験し、いまだに、記憶に残っている、私の思い出を紹介したいと思います。

私の演技の師である、ニューヨークアクターズスタジオ正会員ゼン・ヒラノ氏に指導を受けていたときのことです。

 

ゼン・ヒラノ氏は、現在山梨県の河口湖町に在住し、自然に囲まれた広い邸宅に住まわれています。

広い庭があり、そこには野外バーベキューに使用する木材(=薪)を電動ノコギリで切るスペースがありました。

 

その場所で、ゼン・ヒラノ氏から、

『時間をかけて良いから、同じ長さに、薪を切るように』というテーマを与えられました。

 

「どうしても時間を気にして、先を急ぐ傾向にある自分の習慣」「時間を忘れて、集中できない癖」を修正する意図での課題。

私は、指示されたとおりに、同じ長さに正確に薪を切ることに専念しました。

 

約2時間

 

すると、どうでしょう!

『早く切らなければならない』という焦りからフリーになり、同じ長さに薪を切ることに邁進する自分を感じました。

『時間までに・・・』という、いわば強迫観念からもフリーで、薪を切ることに、集中できる時間の所有・・・。

 

ふと、周囲を見渡すと、涼やかな風の心地よさを感じ、そして、鳥のさえずりが聞こえました。普段、見落としがちだった、自然の美。時間を気にせず、精神が安定して実感を持てました。

逆に言えば、私は、普段、どれだけ、気持ちがセカセカしていたのでしょう(笑)

 

それから、数日が立ち、改めて、バーベキューゾーンに積み重なっている薪を見つめるときがありました。感慨深い気持ちも起きました。

「あのとき、集中して切った薪が、いま、ここに積み重なっている・・・。」

 

味わい深くも美しい、たたずまい。急いで切った薪とは、比べ物にならないくらいの親近感。心を込めたからこそ、醸しだされる親しみ。

時間を賭けて切った薪が、どれだけ、しみじみとした味わいを醸しだすのであろうか・・・。愛着があるから、ついつい、見てしまいました。

 

『今に、集中する』『今に、生きる』ということは、その瞬間、瞬間でのことではなく、そこで終わらず、ずっと、後からも感慨深さと変化して、残っていくものなのではないだろうか・・・。

それが、今に集中するということの、大きな意義ではないだろうか・・・。

そんなことをふと思ったりしました。

 

『今を生きる・集中する』というのは、その瞬間だけではなく、良い思い出としての余韻を残す効用があると私は思います。

師との、良き思い出の一つです!

 - 人生・生活