トニー・マサキ ライフブログ~メソード・ハピネス~

❝芸術とスピリチュアル、そして人生と幸福に関しての話を提供するブログ❞

『意識改革』が自由をもたらす~ヨガ合宿から一か月が経過した現在の自分~

   


皆さん、こんにちは!

2016年9月10日、11日、ヴァスト・スティルネス(地球人のためのスピリチュアルレッスン)を主宰されている平山由紀子さんによるKeiko Juna Hatakeyamaさん(ジュナ先生)を講師とするヨガクラス(※合宿形式)に参加させていただきました。

 

ストレッチや運動による一過性の効果ではなく、「本物のヨガ」とは、個々が忘れかけていた『自分らしさ』を取り戻し、また、その人自身の『本来の人生の在り方』を新たに見つめさせてくれる大きな効果があるということ。

Juna先生の専門的なヨガの指導を受け、自分の『人生観』を新たにする機会を与えられました。

 

(※詳しくは、9月14日「『本物のヨガとの初対面』~Juna(ジュナ)先生のヨガクラスを受講して~」 9月16日「背筋を伸ばすことへの大いなる意義~ヨガ合宿後の現在~」というタイトルで掲載した、当ブログの記事を参照してください!)

 

成田ビューホテルにおいて行われたヨガクラスから、もうすぐ一か月が経過しようとしています。直接的にも、間接的にも、私の心身の変化に好影響がもたらされていると認識しています。

まず身体への意識が、とても増しているというのは確かです。以前から、俳優の演技表現において、心身のコンディションの良し悪しが密接に関係していることに理解を深めていました。

 

Juna先生によるヨガの指導を受けて、特に背筋を伸ばすことの重要性を痛感させられて以来、猫背やうつむき加減で生活することに対する抵抗感(=気持ち悪さ・居心地の悪さ)が脳裡に浮かび上がっています。

 

これは、ヨガクラスを受ける前には、存在しなかった意識です。

背筋を伸ばすという意識、胸を開けるという意識、姿勢を正すという意識。
今まで無意識であったレベルを、明確な意識というレベルに変革させたことは大きいと思われます。ということは、これまでが、いかに無頓着であったことかが証明されるわけです。

ただ、悲観することではないと思われます。この展開も、必然なことなのでしょう。

また、身体への意識が以前よりも高まるにつれて、日々の体感トレーニングの大切さや、ストレッチの必要性も増しています。

食事についても同様で、無駄なものを食べたり飲んだりすることにストップをかけられることも増えてきました。

 

これは、専門的なヨガの指導を受けたことが契機となっていることは間違いないでしょう。生活に関してのより良い変革をもたらすナチュラルなフローに乗っかっていると認識しています。

約1カ月前のヨガクラスの体験が一つの分岐点として、今の私があります。

 

今週の日曜日の午前中、買い物に行くために、外に出かけました。
晴れやかな空の下、身体の程よいリラックスを感じで、「なんて自由なんだ!」と感じました。自由という言葉の意味は広義なため、解釈に困ることがあります。しかし、心身のリラックスが成された場合、『自由』は身近なものになると思われます。

 

意識改革によって、自由も得られるということ。
そうした認識が生まれた今日この頃です。
より快適に自由奔放に生きるには、身近な面での意識改革によって、充分に実現可能だと思います。

 

~ヨガ合宿以前の自分、以後の自分との違い~
今後も、この観点から定期的に自分の変化について当ブログで記載していきます。

何かのキッカケで起きた『新たな意識が目覚める瞬間』を、皆さん、大切にしていただければ! と私は思っています。

 

 

では、皆さん、今日も一日、人生の快適なステージをお過ごしください!

001

 

 - 人生・生活